下肢静脈瘤情報サイト

足健康メニューサイド足健康:トップページケースに見る下肢静脈瘤の種類下肢静脈瘤の基礎知識硬化療法とは下肢静下肢静脈瘤Q&A下肢下肢静脈瘤日常生活の注意足健康コラム静脈瘤医療機関検索教えて先生!専門医に聞く下肢静脈瘤足健康メニューサイド足健康メニューサイド
ケースに見る下肢静脈瘤の種類メニュー case4 case3 case2 case1 case5 case1 浮き出た血管・・・・・・ちょっと気になる外出時 case1 浮き出た血管・・・・・・ちょっと気になる外出時[クモの巣状静脈瘤]

陽子(仮名)さん、33歳。
最近、ふくらはぎにちくちくする痛みを感じていました。よく見ると普通のあざと違って細い血管が集まって絡んだ糸のようになっています。
脚線美が自慢で、スカートをはくことが多い陽子さん。きっと気がつかないうちに、どこかにぶつけたんだろうとそのときは気にしませんでした。
しかし数日たっても痛みも消えず、気になり出しました。
このままじゃお気に入りのスカートがはけないと、病院で調べてもらうことにしました。

ドクター 「これは下肢静脈瘤ですね。そのなかのクモの巣状静脈瘤というタイプです」

開口一番、ドクターから聞いたことがない病名が。不安になった陽子さんは、ドクターにいろいろ尋ねてみました。

陽子さん 「確かにクモの巣みたいですね。少し痛むんですが、放っておいて治るんですか?」

ドクター 「このタイプの静脈瘤は出来はじめに痛みがありますが、少し経つと痛みはなくなります。でも静脈瘤そのものが消えることはありません」

陽子さん 「えっ、そうなんですか。どうすればいいんでしょう?」

ドクター 「硬化療法という治療方法がありますよ。この治療はとても簡単で、注射をして特別なストッキング(弾性ストッキング)を履いて圧迫するだけで目立たなくなります」

陽子さん 「それだったら、私もお願いします」


後日、外来で硬化療法を受けた陽子さん。一週間後には弾性ストッキングを履く必要もなくなり、半年経った今では静脈瘤はほとんど目立たなくなり、お気に入りのスカートをはいて、おしゃれを楽しんでいます。


これが実際の静脈瘤

これは「クモの巣状静脈瘤」の症例です。硬化療法を行って8ヶ月後には静脈瘤が消えています。
*硬化療法については基礎知識硬化療法とはのページをご覧ください。

下肢静脈瘤 「クモの巣状静脈瘤」の症例
ここがポイント

下肢静脈瘤は主に外見上から、(1)伏在(ふくざい)静脈瘤 (2)分枝(ぶんし)静脈瘤 (3)網目状(あみめじょう)静脈瘤 (4)クモの巣状静脈瘤の4つのタイプに分けられます。
静脈瘤の症状には足がだるい、重いなどの自覚症状がありますが、美容的な悩みも最もポピュラーな症状の一つです。
下肢静脈瘤のタイプ別の特徴については基礎知識のページをご覧ください。

主な症状と頻度

(1993~2004年)
症状 男性(615人) 女性(2,177人)

無症状(美容目的)
痛み
重量感・だるさ
熱感(ねっかん)
痙攣(けいれん)
腫脹(しゅちょう)・浮腫
かゆみ
表在性血栓
皮膚炎・色素沈着・脂肪皮膚硬化
潰瘍

23.2%
25.9%
35.0%
3.9%
16.9%
21.1%
21.1%
4.7%
32.9%
3.1%

21.4%
37.3%
47.6%
7.8%
22.1%
23.1%
13.4%
3.4%
13.8%
1.0%

(折井正博 先生/自験例)

case フッター case1 case2 case3 case4 case5
| ご利用条件 | 個人情報保護指針 | Copyright© ZERIA PharmaceuticalCo., Ltd All Rights Reserved.