下肢静脈瘤情報サイト

足健康メニューサイド足健康:トップページケースに見る下肢静脈瘤の種類下肢静脈瘤の基礎知識硬化療法とは下肢静下肢静脈瘤Q&A下肢下肢静脈瘤日常生活の注意足健康コラム静脈瘤医療機関検索教えて先生!専門医に聞く下肢静脈瘤足健康メニューサイド足健康メニューサイド

血管のしくみと下肢静脈瘤

2)筋ポンプ作用と静脈弁

静脈には逆流を防止するための弁(静脈弁)がついていて、血液が一方向にしか流れないようになっています。そして、足を動かしたときに筋肉が静脈を圧迫し、血液が上に押し上げられます。

下肢静脈の走行と筋ポンプ作用・静脈弁の構造

イメージ用かざり下肢静脈の走行と筋ポンプ作用・静脈弁の構造のイラスト
詳しくは

からだのなかで最も下に位置するのが足です。したがって足から心臓に戻る血液は重力に逆らって心臓まで昇っていかなければなりません。それを可能にするのが「筋(きん)ポンプ作用」と「静脈弁(じょうみゃくべん)」です。
下肢の静脈は足の筋肉の奥を走行する深部(しんぶ) 静脈と筋肉の外の皮下を走行する表在静脈に分けられます。血液を心臓に戻すのに重要なのは深部静脈です。表在静脈は膝の裏側と、太ももの付け根(そけい部)で深部静脈に合流しています。その他、表在静脈と深部静脈をつなぐ 穿通枝 ( せんつうし ) ( 交通枝 ( こうつうし ) )があります。
では、どのように血液が重力に逆らって心臓に戻っていくのかというと、静脈には逆流を防止するための弁(静脈弁)がついており、常に血液が一方通行になるような構造をしています。
そして、足を動かしたときに筋肉が収縮運動をすることで、深部静脈が圧迫され血液が上方に押し上げられます。逆に筋肉が緩むと深部静脈は広がり、下から血液を吸い込みます。さらに穿通枝を経由して表在静脈からも血液を吸い込みます。これが下肢静脈の正常な血液の流れであり、ふくらはぎが第二の心臓といわれるゆえんです。

| ご利用条件 | 個人情報保護指針 | Copyright© ZERIA PharmaceuticalCo., Ltd All Rights Reserved.