下肢静脈瘤情報サイト

足健康メニューサイド足健康:トップページケースに見る下肢静脈瘤の種類下肢静脈瘤の基礎知識硬化療法とは下肢静下肢静脈瘤Q&A下肢下肢静脈瘤日常生活の注意足健康コラム静脈瘤医療機関検索教えて先生!専門医に聞く下肢静脈瘤足健康メニューサイド足健康メニューサイド

下肢静脈瘤の診断検査

1)逆流を調べる簡易検査:ドプラ血流計

万年筆より少し太い器具を皮膚の上から血管にあて、血液の流れを音で調べる検査です。逆流があると、ザーと音がし、血液の逆流を確認することができます。習熟すると、この方法で診断に必要なほとんどの情報を得ることができ、短時間ですみ患者さまにとってストレスのない、きわめて有用な方法です。

検査風景

イメージ用かざり逆流を調べる簡易検査:ドプラ血流計検査風景のイラスト
詳しくは

血液の逆流を調べるのに有用なのが超音波ドプラ検査です。サイレンを鳴らしながら救急車が近づいてくるとサイレンの音がだんだん高くなり、遠ざかっていくとだんだん低くなるのがドプラ現象です。このドプラ現象を応用し、赤血球に超音波をあてて血液の流速の変化を音として表すのがドプラ血流計です。
万年筆より少し太いプローベという器具を皮膚の上から血管にあて、血流の方向を調べます。プローベを血管の上にあて、ふくらはぎを手でつかむように圧迫します。すると、血液は上に押し上げられ、ザッという短い音がします。
次いで圧迫していた手を離します。血管が正常な場合は逆流が起こらないため音はしません。一方、弁不全があり血液が逆流すると、ザーという長い音がします。この音の大きさや長さで逆流の程度を判断します。

| ご利用条件 | 個人情報保護指針 | Copyright© ZERIA PharmaceuticalCo., Ltd All Rights Reserved.