下肢静脈瘤情報サイト

足健康メニューサイド足健康:トップページケースに見る下肢静脈瘤の種類下肢静脈瘤の基礎知識硬化療法とは下肢静下肢静脈瘤Q&A下肢下肢静脈瘤日常生活の注意足健康コラム静脈瘤医療機関検索教えて先生!専門医に聞く下肢静脈瘤足健康メニューサイド足健康メニューサイド
専門医が答える「下肢静脈瘤Q&A」

合併症について

どんな下肢静脈瘤に潰瘍ができるのですか?

はっきりわかりませんが、逆流の強い場合は注意が必要です。

潰瘍ができる人はごくわずかです。どんな人ができやすいか明らかになっていませんが、逆流の強い人のほうが可能性が高いといえます。還流障害の軽いクモの巣状静脈瘤や網目状静脈瘤では潰瘍はできません。潰瘍ができる前に色素沈着が起こりますので、色素沈着が少しでも現れたら治療することをお勧めします。

静脈瘤から出血することはありますか?

物にぶつかったり、強くこすった場合に出血することがあります。

静脈瘤が浮き出ている皮膚が薄くなって、物にぶつかったり、強くこすったりした場合に出血することがあります。足首やその下にできる皮膚表面に近い小さな静脈瘤は出血しやすいです。出血した場合はその部位をしっかり押さえ、医師の診療を受けるようにしましょう。

足がむくんでいますが静脈瘤でしょうか?

静脈瘤の場合はそれほど多くはありません。

むくみと静脈瘤は本来別の病気です。足のむくみを訴えて来院される人が静脈瘤のケースは多くありません。確かに静脈瘤ができると皮膚の静脈還流が悪化し、健康な人よりむくみやすくなりますが、静脈瘤以外の病気も考慮しなくてはなりません。太った人では硬い皮膚や皮下脂肪に静脈瘤が埋もれて目立たないことがあり、診断にはむくみや外見だけではなく、静脈の弁不全を確認する必要があります。

| ご利用条件 | 個人情報保護指針 | Copyright© ZERIA PharmaceuticalCo., Ltd All Rights Reserved.